インプラント義歯

インプラント義歯について

 インプラント義歯という言葉は初めてお聞きになるかもしれません。欧米ではここ10年で急速に普及している、あたらしい義歯の安定方法です。

 当院では義歯に積極的に取り組んでいますが、顎の骨が少ない、残っている歯の位置的バランスが悪く、噛むたびに義歯が揺らぐ例など、義歯のみでは十分に安定を図ることが困難な場合が実際にはあります。

 そういった場合に、義歯の下にインプラントを埋め込んで、義歯の沈下や動揺を防ぐのがインプラント義歯です。いわばインプラントを「縁の下の力持ち」として活用するということです。

 これまでの義歯では「動いて痛い」「土手が沈み込んでかみ合わせが狂う」「強く噛みこめない」といったことが顎の状態によってはありましたが、インプラント義歯ではこれらの悩みを一気に解決することが可能です。

 また、これまでの従来型固定式インプラントは、歯のない部分に、ほぼ失った歯の本数分を埋め込んで人工の歯を作るやり方でした。インプラント義歯では主役はあくまで義歯ですので、インプラントの本数は少なくすることができます。その結果、費用的にも、痛みなどの体の負担についても、従来のインプラントに比べて少なくすることが可能になっています。

BPS義歯